FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

破産者はヤミ金の良顧客・破産後の借金

自己破産をすると多重債務から逃れることができるすばらしいシステム
です。

リ・スタートするためにもどうしても返せなくなったら自己破産を
をおすすめします。

債務を一切なくなりますし、周囲に知れることもありません。
破産を申請した事実が免責されるまで官報に載るだけです。

その官報は一般に公開されてはいるものの一部の図書館にしか
なく、街の本屋で買えるようなものではありません。

また官報は一部の人しか見ないものであり、特定の個人の情報を見る
にはあまりにも件数が多すぎます。

官報には破産者の住所・氏名が公表されるのでそれを格好の
顧客としてリスト化している者が居ます。

ヤミ金です。

破産後ヤミ金などからDMなどが送付されることがありますが、
情報の出所は官報です。

ヤミ金にとっては破産者は良顧客です。なぜなら債務が一切なく
今後も金融機関からは借り入れることができないので、多重債務化

する可能性もなく、自分らのお金を回収しやすいのです。
他で借りられないことをよくわかっていますので、格好の餌食です。

官報に公表するとこういう輩に無防備に情報が行く可能性がある
ので、公表を問題視する声もでていますので、将来には告知はなくな

るのではないかと思いますが、現状では一時的にせよ告知されます
ので破産後のヤミ金DMには要注意です。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://tajyuu.blog80.fc2.com/tb.php/173-7df0928a
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix