FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

ヤミ金が狙う地方の債務者・クローズアップ日本より

クローズアップニッポンでヤミ金融が地方を狙うという番組を放送していました。
先日ニュースになった、熊本県の職員による生活保護者の受給データー

をヤミ金に流していた問題も触れ、ヤミ金が生活保護者から、支給された
お金を回収する姿も出ていました。

生活保護に陥ったものからもむしりとるゴミのような奴らです。
そんなやつらが狙っているのが地方。

都市部においては貸金業法改正を受け、消費者金融などは新しい
法律にあわせるべく、経営の方向転換をせざるをえず、貸し渋りと言われる

状況になりつつあります。その分ヤミ金からの借り入れが増える可能性
も増えると思われますが、金融庁や自治体が多重債務者やヤミ金などへの

規制も同時に強化し、ヤミ金にとっては営業しにくいのも現状です。

地方においては、債務者というものへの相談の窓口の数や、相談そのもの
への抵抗感などから、多重債務の相談などはせずに、借りて解決しようという

者が多いらしい。
そういう者にとってヤミ金はかっこうの餌食です。

高利のお金で縛り、生活保護のお金を狙い、そして前述の職員に対する脅かし
のように借りているという事実を公表するという弱みをうまく利用しようとしています。

弱みに付込むヤミ金。
犯罪に手を染めてまで返すものではありません。

犯罪人と呼ばれるのと借金をしてしまったというのとどちらがいいのでしょうか。
借金が返せなくなったら、すぐに債務整理です。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://tajyuu.blog80.fc2.com/tb.php/171-a46b7220
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix