FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

お金のために死なないで

多重債務者の経験をつづり、借金で苦しむ人々に勇気を与える本

「多重債務による自死をなくす会」(事務局・神戸市)代表幹事の弘中さんという女性が
が、自らの借金の体験をつづった「お金のために死なないで~多重債務による自死をなくす」
を出版しました。

弘中さんは、
「借金を抱えていることを誰にも打ち明けられず、苦しんでいる人々を救いたい」と話していま
す。

マイホームの購入から多額の借金をかかえ、消費者金融からの借金取りにおびえる日々
クリスマスイブの街を逃げる経験、そして同じく実母が借金苦による自殺という

親子2代に渡って多重債務に苦しんだ経験を元に母の自殺は自分が相談にのってあげられ
たらすくえたかもしれない。

そんな自責の念から「多重債務による自死をなくす会」を作りました。

この本の中には 「なくす会」の活動を中心に、多重債務による自殺をなくす
ための方策について語られ、

 「債務清算のための救済策があることを知ってほしい。必ず解決できる。お金のため
に死ぬ必要はない」と弘中さんは強調する。

 本の表紙は、母の好きだったコスモスのイラストを、美大に通う二男が描いた。
末尾には「なくす会」のホットライン(080・6159・4730、080・6159・4733、

080・6159・4741=午前9時~午後8時)や、「特定調停」「任意整理」
「個人再生手続き」「自己破産」の4通りの解決方法を解説をしている。


つらい、苦しいそういう思いをしているなら是非読んで欲しい本です。








コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://tajyuu.blog80.fc2.com/tb.php/164-7fdd15a8
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix