FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

多重債務者でも借りられる「緊急小口融資」

多重債務者になると融資を新たにすることが難しいことがあります。
融資を増やすこと、債務を増やすことは多重債務の解決にはならない

ですが、今日のお金が欲しい、子供が病気だ、どうしてもお金が必要な時という
ものはあるものです。

そういう時にスポーツ夕刊誌や街角の広告の金融会社に飛び込む前に公的な
機関からお金を借りることが可能なのです。

ブラックでも借りられるという金融会社は法定利息を大幅に超えた金利を吹っか
けてくる闇金などと思って間違いないでしょう。

そんなところから借りるな、というのは簡単ですが、今日のお金が必要
それは、そうなった人にしかわかりません。お金がなければ生きていけない

のです。こちらはまさにブラックリストでも借り入れOKです。
ただし収入の制限があります。年収が少ないといけないのではなく、逆に

多いと融資して貰えません。
各県や市にある社会福祉協議会の制度に「緊急小口融資」というものがあります。

小口であるので、金額は10万円が限度ですが、それでも10万円を民間の
金融機関、消費者金融などから借りようとしてもなかなか多重債務者には

怪しい街金以外は難しいものです。

「緊急小口融資」以外にも社会福祉協議会では使用途と理由による融資があるの
で地元の社会福祉協議会に一度あたってみるとよいでしょう。

カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix