FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

ブラックリストでも貸すにはわけがある。

多重債務化しブラックリストにのるとどこもお金を貸してくれません。
そうすると、「ブラックOK」、「ブラックでも融資可能」などの公告に自然と

目がいってしまいます。ブラックリストでも貸してくれるにはわけがあります。
しかし、
普通の金融機関がブラックリストのものに貸すわけがありません。

普通じゃないのです。

何が普通じゃないって、金利が取り立てが。

街金や闇金、システム金融、などあれこれと方法を変えて多重債務者
をターゲットにして絞り取ろうとしています。

担保もなし、信用もないブラックリストの多重債務者が残っているのは
自らの労働力。

最後は自分の判断で労働力を選択させるケースもあるようです。
労働力とは、男性と女性では選択肢が違います。

それを選ばなければならない状況に追い込んでいくのです。
彼らは二重、三重のグループをつくり10万ほどの借金がいつの間にか

ウン百万まで跳ね上がらせる。

それでも今日のお金が欲しいから、高利とわかっていても手を出してしまう。
多重債務者の心理を知り尽くした闇金業者の手口です。

搾るだけ搾り取る、そんなところに手を染める前に増やすよりも減らす。
今日の金がなかったら日雇いのバイトでもしたほうがどれだけ

ましかわかりません。

もし、こういう輩にはまったら弁護士や多重債務者向けの窓口へ是非相談
しましょう。

出資法も無視した彼らは公になることを嫌います。

「もう払えません。」

そういって彼らの事務所に行ってはいけません。
お金の貸し借りは民事ですので警察は否介入ですが、お金の返済を求めて

拘束したり、恐喝めいたことをするのは刑事です。
そんなことを言われたら警察に連絡しましょう。





コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://tajyuu.blog80.fc2.com/tb.php/151-d9735ea5
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix