FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

金融庁・自己破産者の公示の自粛検討指示

金融庁は官報に多重債務などで自己破産した人の氏名を公告していることに対し、
無認可の「ヤミ金融」が貸付先開拓の情報源にしているとの見方がある。このた め、

金融庁は破産手続きを所管する法務省に情報が悪用される可能性を通知した
そうです。

このことにより、広告制度の変更には課題が多いものも、法務省は対応の是非を検討
する可能性が高いとの見通し。

金融庁は多重債務者や闇金などの連鎖を断ち切るところで努力を続けているのが
伺えます。

闇金などがはびこる背景には自己破産者の公示というのは大きな情報源であること
は疑いようがありません。

なんのための公示なのかもう一度見直してすばやい対応を望みたいものです。
しかし、法務省に注意を促した金融庁の姿勢には拍手を送りたいと思います。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://tajyuu.blog80.fc2.com/tb.php/148-3912f38a
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix