FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

金融庁が夕刊誌に多重債務者へ呼びかけ広告

金融庁は1月10日、多重債務で悩む人々に向けて多重債務の相談制度を広報する目的
で、夕刊紙やスポーツ新聞に、全国の弁護士会や司法書士会などで借金問題の相談に

応じていることを広告掲載する方針を明らかにしたそうです。
官庁が夕刊紙に広告を出すのは極めて異例とのこと。

 消費者金融などから5件以上の借り入れがある多重債務といわれる者は昨年10月末で
138万人を超えました。借金苦による自殺などが社会問題となるなか、金融庁は自治 体や

日本弁護士連合会などと債務者向けの相談の窓口などを整備し、救済に力を注いでいる
相談制度があることは自治体などがホームページなど広報しているが、そのホームページ

を債務者が見ているとは言いがたく周知できていないとの判断からだそうです。
実際に夕刊誌には消費者金融などの広告が多くあるので債務者が目にすることも

多いだろうということです。多重債務者が借りようと思ったところに、それ以上かりずに
相談という広告掲載があれば金融庁の意図はあたると思います。

多重債務者救済に金融庁が力をいれていることが伺えます。
ただし、どれだけの頻度で広告掲載するのかが問題です。たった一回だけでは

周知という意味では難しいでしょう。定期的に掲載する必要があると思います。
また、金融庁の広告が載れば闇金などの広告掲載の阻止に繋がる効果も期待できる

でしょう。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://tajyuu.blog80.fc2.com/tb.php/146-f045929d
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix