FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

多重債務者が怖いのは①

多重債務者にとって怖いこととは何でしょうか?

その一つは多重債務に陥っているということが明るみに出ること

明るみというのはばれる、わかる。たとえば家族、恋人
親戚、職場、近隣などにわかってしまうことが怖い。

親などからは叱責を受けたり、恋人からは
飽きられ、そして職場からはマイナスのイメージを受ける

のではないか?だから知られるのが怖い。

どうして多重債務になってしまったのか、ということ
よりも、多重債務であるという事実の方が大きい。

また、多重債務に陥る多くの者が多重債務に陥った理由の
多くは褒められるべきものでないことも根底にあるから

かも知れません。

今までと同じ生活を維持したい、同じイメージを維持したい
だから多重債務であることを隠したい、そういう恐れが新たな借金を呼ぶのです。

その恐れに勝つには、今までの自分に決別するつもりで借金とぶつからなければならないでしょう。

その気持ちがあれば、

世間の評価などどうでもいい。親戚・親・友人・迷惑を掛けたのであれば、これからの自分の生き方を見て欲しい。

そういう気持で過去の借金は清算しましょう。
借金を作った自分は、弱い自分です。

多重債務が明らかになっても頑張れるという気持に
なったときに、多重債務はもう解決したと言えるでしょう。

借金を作ってしまったのは自分です。それは事実です。
そして支払うお金も今あるお金はこれしかありません。

だからそれ以上は返せません。その結果、裁判となっても
、信用を失っても仕方がないじゃないですか。

いいじゃないですかそれで。簡単に言うな!!
そう思うかもしれません。

これからです。あいつは借金を作ったけどその後頑張った
そういわれるように頑張りましょう。

失敗は誰にでもあります。問題はその後どうするかです。

恐れるな人の目を!!多重債務者






タグ : 多重債務者
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix