FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

債務整理をする前に過払い請求

債務返済が一向に進まず、多重債務化してしまったら

債務減額・借金減額の方法には任意整理・特定調停・民事整理・自己破産があるわけですが
任意整理・特定調停・民事整理・自己破産の手段を講じる前に考えたほうがいいのが過払い金請求。任意整理・特定調停・民事整理・自己破産にはそれぞれ、メリット、デメリットがあるので

すが、どれにも共通なデメリットの最たるものはブラックリストに掲載されてしまうということです。過払い金請求は長年に渡り利息制限法に定められた以上の金利を支払いつづけた分を返還してもらうものですが、その超えた金利分は元本の返済に廻すことが可能です。

人によっては今ある元本が完済してしまったり、支払い過ぎで戻ってくるケースもあります。
今まで遅滞なく支払っていたのであれば過払い請求をしてもブラックリストに掲載されることはありません。

あくまで遅滞なく支払っていた場合です。数ヶ月も支払い遅延の挙句に借金減額を考えるのでは遅いのです。この時点でブラックリスト掲載になっているでしょう。
金融業者の中には過払い請求をしただけでブラックリストに掲載する業者もいたり、過払い請

求をさせないようにブラックリスト掲載をちらつかせ、まるで脅しのようなことをする業者もいるらしいです。過払い金の請求は合法であり、そのための請求に対してはブラックリストに
掲載すべきものではないのです。この辺りの対応は金融業者によって違ってくるので、もし掲

載したのであれば名誉毀損で訴えると言ってあげましょう。実際に名誉毀損で数百万の慰謝料を得た方もおります。金融庁では金融会社に対し、ブラックリスト掲載はしないようにと要請を始めたことから、今後は少なくなるかと思われますが、業者にブラックリスト掲載する

なと伝える必要はあるかもしれません。任意整理・特定調停・民事整理・自己破産は借金の減額手段であり、明らかにブラックリストにのります。過払い金請求の場合は契約の見直しではなく、不当な利息の返還の請求です。同じ借金の減額でも、ブラックリストに掲載されるかしな

いかは大きな違いで、まず、任意整理・特定調停・民事整理・自己破産をする前に過払い請求をすることを考えてみることが重要でしょう。それは任意整理・特定調停・民事整理・自己破産を依頼する弁護士・司法書士と相談すると良いでしょう。

過払い請求をすれば多重債務が少しでも楽になる可能性があります。
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix