FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

多重債務と任意整理

任意整理とは、まだ自己破産や民事再生するまでもない借り入れ状況の時などに債務を圧縮し、毎月の返済負担を軽減

する債務整理方法です。

一般的には「裁判所などの公的機関を利用せずに、私的に直接消費者金融や他のローン、クレジット会社などと和解交渉をして債務整

理をすること」と定義されています。簡単に言うと、「自己破産しなければならない状況に陥ってしまう前に、法律で認められた利率

(約18%)で、今までの債務の見直しを図り、債務額を確定し、さらに、これからの利息(将来利息)を全てカットした上で、3~5

年間(36~60回)の分割弁済にする和解契約を締結する」手続きということになります。

任意整理の特徴は、弁護士・(認定)司法書士のみが行うことができる手続きであるということです。債務者本人による和解交渉自体

も可能ですが、債務者本人や親族による交渉では、各債権者は取引経過を明らかにしなかったり、取り立ても止まらないのが現状のよ

うです。結果として、消費者金融・クレジット業者のいいなりの和解が締結されてしまう可能性もあります。交渉の場に立つのは法律

的な専門家の担当者と話しをすることになりますので、法律的な知識のない一般人が交渉の席に着くことは危険でもあるわけです。

任意整理において、弁護士・(認定)司法書士に依頼し、手続きが開始され「受任通知(債務整理の依頼を受けたという通知)」とい

う書類が債権者のに届くと、法律上、すぐに借金の返済をストップし、取立ても止まることになります。任意整理を弁護士・(認定)

司法書士のみが行うことができるというのは、「受任通知」という権利が弁護士・(認定)司法書士のみが与えられているからなので

す。
さらに、任意整理の特徴として重要なのは、本人がどこかに出向いたり、誰かと交渉したり、書類を用意したりする必要が全く無いと

いうことがあげられます。依頼をした後は弁護士・(認定)司法書士に任意整理を任せた後は何もしなくても良く全ての手続きを代行

してくれることになるのです。
任意整理は債務を圧縮し債務負担を少なくして返済の負担を
軽減する方法ですが、当然ブラックリストに載りますので

今後のローンやクレジットカードの加入はできなくなります。
その期間はローン完済後から5年間は難しいでしょう。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://tajyuu.blog80.fc2.com/tb.php/117-aa35e4c7
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix