FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

三和ファイナンス業務停止では済まさないほうがいい。

返済強要で業務停止・・・。家族へ取り立てる?
消費者金融も色々問題をおこしているのに、まだやってるの?
業務停止では済まされない、免許取り上げにすべきだと思います。

こんなのがいるから借りなくてもいいお金を増やし多重債務に
なる一因だと思う。現時点でそのお詫びめいたことが三和ファイナンス
のHPに何も載っていないのも経営姿勢そのものを疑う。


金融庁は4日、借り手の家族に返済を迫るなどの違法行為を繰り返したとして、消費者金融の三和ファイナンス(本社・東京都新宿区)の無人店舗を含む約350の全営業拠点を対象に43日間、返済の受け取りを除く全業務の停止命令を出した。違法行為が確認された札幌支店など10店舗には最長66日間の停止を命じた。家族からの取り立てを事実上奨励するマニュアルを本社が作成するなど、悪質性が高いと判断。消費者金融への処分としては、これまでで最も厳しい内容となった。停止は23日から。
 同庁によると、同社は05年から06年にかけて、借り手の家族に返済を肩代わりするようしつこく要求したり、親族から返済資金を借りるよう強要するなど、計8件の違法な取り立てを行った。また、借り手との和解が成立しているのに返済を求めたり、借り手側から過去の取引履歴の開示を求められた際に「保存していない」と、うその回答をしていた。
 借り手本人以外から取り立てたり、返済資金を誰かから借りるよう強要する行為は貸金業規制法で禁止されているが、同社は「返済が延滞した場合、親族と交渉する」ことなどを回収担当者向けのマニュアルで定めていた。
 三和ファイナンスは72年設立の非上場・独立系消費者金融。貸出金残高は1725億円で業界11位(業界紙調べ)。

引用:ライブドアニュース

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://tajyuu.blog80.fc2.com/tb.php/108-52e6863a

トラックバック

債務最新ガイド

債務債務(さいむ)とは、ある者が他の者に対して一定の行為をすること又はしないこと(不作為)を内容とする義務をいう。義務を負う者を債務者、権利を有するものを債権者と呼ぶ。債権を債務者からみた場合の表現。複数の人が、同じ債務を負担すると連帯債務となる。日常用

トラックバック

三和ファイナンス

三和ファイナンス三和ファイナンス株式会社(さんわふぁいなんす、Sanwa Finance Co., Ltd.)は、日本の消費者金融業者。本社は東京都新宿区。1972年に創業。2006年現在、日本国内に400以上の支店を持つ準大手企業となっている。また大韓民国においては
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix