FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

倒産したサラ金・更正手続きの申告期限を越えた過払い金請求はできない

アエルなど民事再生となったサラ金に過払い金請求をする場合、更正手続き
期限を越えた過払い金請求は認められません。

たとえ、過払い金請求の存在をしらなかったとしても、認められないそうです。
ある男性は申告期限を過ぎてから過払い金請求というものを知り、

実際にしらべたら170万ほどの過払い金が発生していたといいます。
請求したものの認められず、訴訟を起こしたのですが、最高裁の判断は

却下。

自分は債務者であり、過払い金返還という債権者であるとは思っていなかった
というのが男性の論理ですが、この方のように過払い金が発生している

ことを知らない、過払い金というものさえ知らない債務者もいるはずです。
そういう者に対して何も告知しないことは債務者の権利を無視した

ものであると思います。

現状はこのような判断ですので、過払い金の発生している可能性のある方
は早速行動に移すべきです。

170万もの過払い金があれば他社債務を軽減できます。
スポンサーサイト



破産者はヤミ金の良顧客・破産後の借金

自己破産をすると多重債務から逃れることができるすばらしいシステム
です。

リ・スタートするためにもどうしても返せなくなったら自己破産を
をおすすめします。

債務を一切なくなりますし、周囲に知れることもありません。
破産を申請した事実が免責されるまで官報に載るだけです。

その官報は一般に公開されてはいるものの一部の図書館にしか
なく、街の本屋で買えるようなものではありません。

また官報は一部の人しか見ないものであり、特定の個人の情報を見る
にはあまりにも件数が多すぎます。

官報には破産者の住所・氏名が公表されるのでそれを格好の
顧客としてリスト化している者が居ます。

ヤミ金です。

破産後ヤミ金などからDMなどが送付されることがありますが、
情報の出所は官報です。

ヤミ金にとっては破産者は良顧客です。なぜなら債務が一切なく
今後も金融機関からは借り入れることができないので、多重債務化

する可能性もなく、自分らのお金を回収しやすいのです。
他で借りられないことをよくわかっていますので、格好の餌食です。

官報に公表するとこういう輩に無防備に情報が行く可能性がある
ので、公表を問題視する声もでていますので、将来には告知はなくな

るのではないかと思いますが、現状では一時的にせよ告知されます
ので破産後のヤミ金DMには要注意です。

アエルの債務者向け相談会開催 栃木

2008年3月に民事再生の申請をした「アエル」にの利用者に向けて、
栃木県司法書士会が4月19日無料の法律相談会を開くことになりました。

アエル利用者で過払い金利の返還の可能性のある方は期限内に
申請をしないと払い戻しが受けられません。

多重債務解決の一つになる過払い金返還ができなくなっては
困ります。

相談会では返還請求に関する相談を受け付け、アドバイスしてくれるという
ことなので、栃木県の方は相談してみるのも一つです。

電話相談もあるようなので、栃木県以外の方も相談してみるのもいい
かもしれません。

日:2008年4月19日
時間:午前10~午後3時、
場所・宇都宮市幸町の県司法書士会館

特設電話(028・639・2099)

ヤミ金が狙う地方の債務者・クローズアップ日本より

クローズアップニッポンでヤミ金融が地方を狙うという番組を放送していました。
先日ニュースになった、熊本県の職員による生活保護者の受給データー

をヤミ金に流していた問題も触れ、ヤミ金が生活保護者から、支給された
お金を回収する姿も出ていました。

生活保護に陥ったものからもむしりとるゴミのような奴らです。
そんなやつらが狙っているのが地方。

都市部においては貸金業法改正を受け、消費者金融などは新しい
法律にあわせるべく、経営の方向転換をせざるをえず、貸し渋りと言われる

状況になりつつあります。その分ヤミ金からの借り入れが増える可能性
も増えると思われますが、金融庁や自治体が多重債務者やヤミ金などへの

規制も同時に強化し、ヤミ金にとっては営業しにくいのも現状です。

地方においては、債務者というものへの相談の窓口の数や、相談そのもの
への抵抗感などから、多重債務の相談などはせずに、借りて解決しようという

者が多いらしい。
そういう者にとってヤミ金はかっこうの餌食です。

高利のお金で縛り、生活保護のお金を狙い、そして前述の職員に対する脅かし
のように借りているという事実を公表するという弱みをうまく利用しようとしています。

弱みに付込むヤミ金。
犯罪に手を染めてまで返すものではありません。

犯罪人と呼ばれるのと借金をしてしまったというのとどちらがいいのでしょうか。
借金が返せなくなったら、すぐに債務整理です。

熊本県人吉市の職員 ヤミ金へ生活保護者の受給者名簿を渡す

熊本県人吉市の福祉生活部福祉保護係の職員が生活保護の受給者名簿
をヤミ金に流していたというニュースがありました。

245世帯286人分の名簿だそうです。
ヤミ金に債務がありヤミ金から脅されるように業者に渡したそうですが、

この職員自信も多重債務者であったという。
社会保険庁にしても、警察にしても、この職員にしても公務員であるまえに

人間であり、生活者です。
しかし、公務員であるからこそ一旦多重債務になった場合には

民間の多重債務者に比べて弱みとなってしまう可能性があります。
襟を正せといいながらもなくならないのが人間の性と言えるでしょう。

すでにヤミ金に800万の支払いをしていたというこの職員は
職も名誉も失ってしまいました。

そうなる前に債務整理をする勇気があればと悔やまれます。

こんなサラ金もまだあるとは・・・・ニューファイナンス

滋賀県大津市の消費者金融の「ニューファイナンス」が、NPO法人
消費者支援機構関西に訴えられたそうです。

理由は、期限前に完済した債務者に違約金として元本の残額の3%を
を支払わせるという内容の契約条項が書いてある契約書を結んでいたら

らしい。

つまり、残金一括返済すると残額の元本にプラス3%を支払わせよう
というわけです。

残金の一括支払いをさせないためだと思いますが、

貸金業法改正により上限金利は下げられることになり、さらに
過払い金請求の増加などで、ニューファイナンスは利益の

圧迫に耐えかねての策を講じたつもりなのでしょうが、

ただでさえ高い金利にプラス3%の違約金を支払った場合には
利息制限法ではなく、出資法も超えてしまう可能性があるらしく

これは、行政処分の対象となりかねない。
それにも関わらずこの愚挙に出るとは経営者の気がしれない。

パチンコ屋と多重債務

パチンコ屋の休業、廃業が増えているらしいですね。
実態はギャンブルなのにギャンブルでないというところも意味不明ですが

射幸心を煽る機械を制限せよというお達しもあることなどから、業者も
新題入れ替えなどで莫大な費用もかかる。

射幸心とは、可能性の少ない偶然性のために、なけなしのお金をつぎ込む
そしてなくなれば、お隣にあるサラ金のATMから借金。

多重債務への道筋がしっかりと作られている仕組みがパチンコ業界が
先なのか、サラ金業界が先なのか、両業界ともに規制の波が押し寄せ

共倒れの状況です。

ビジネスは人の心に訴えることが基本ですが、あまりに的を得ると
不幸が待っているのはいただけません。

多重債務の温床であるパチンコ業界が衰退すれば、多重債務者の発生は
抑えることができるのでしょうか?

多重債務解決へ向けて自治体が予算計上

愛知県や岐阜県では多重債務解決に向けて自治体が2008年度予算で初めて
多重債務対策事業費というものを計上したそうです。

相談体制や、広告告知費用というこですが、の対策費は2512万円。
 岐阜県は、県弁護士会や県司法書士会と共同で06年秋から多重債務の

相談会や110番を定例的に実施し、全国の都道府県のモデルになっていたが、
これまでは予算を使わないとしていましたが、さらに告知を広めるために

新たな費用計上となった模様です。自治体が解決に向けて債務者と法律家
などの架け橋となる役割を果たすことが目的です。

弁護士事務所などは始めてでは敷居が高いですが、自治体がまず窓口に
なってくれる環境が広まれば、自殺や犯罪などへ走る予防となると思われます。

アエルの過払い金の請求の期限

倒産してしまった、旧日立信販アエル

アエルから借り入れている方で過払い金が発生している方は注意です。
過払い金請求手続きを6月30日までが限度となりますので、

うっかりしていると取り戻すことができなくなる可能性があります。

しかし、債権はしっかりと残り借金は返し続けなければならないのに、
取り戻す分に関しては期限があるというのは納得がいかないですね。

しかし、倒産したら借金もチャラなんてことにならないでしょうか。


カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix