FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

貸金業法改正で多重債務者は減るか?

多重債務者を減らす目的で貸金業法が大幅改正されました。
2009年より完全施行されますが、2007年12月に一部開始されました。

今回の貸金業法改正の内容は
●総量規制
 月収の3分の一以上の借金返済額以上の借金はさせない。
●50万円以上の借金は年収証明が必要
●家族構成・勤務先・収入支出の状況を聞かれる
●グレーゾーン金利帯といわれる利息制限法と出資法の間の不透明な
 金利帯を廃止する。
●上限金利を利息制限法の金利に下げる
●借り入れ額・返済日などの連絡
●貸金業者への参入条件の厳格化

自主規制として
●公告媒体の規制(ギャンブル・風俗などの雑誌やインターネットへの公告
             規制)
●テレビの公告時間の規制
●日本貸金業協会を設立し自主規制強化
●返済取立ての制限
今回の骨子は安易な貸付をさせないことと、安易に借り入れができない
環境を作る。ということでしょう。

多重債務というのは借金の返済のための借金であったり、返すあてのない
無計画な借り入れであったり、それは貸す側の問題であったり、借りる側

の問題であったりするわけです。多重債務化が一方的な理由でおこったの
ではなく、双方に多重債務化させる要因があったと言えるでしょう。

今まで借りられていた消費者金融で借りられないということは、これ以上借り
入れをしても返せなくなるラインを明確化したということで多重債務化の

歯止めの効果は期待できると思います。
また、金利が下がったことにより、借りられた人にとっては返しやすい環境
になったとも言えるでしょう。

返すあてのない借金を重ねて深みはまる多重債務の問題に対し返せない
者には貸してはならないという業者にも向けた規制強化という点においても
期待できる法改正であると思います。

一方で借りられない者が闇金などに流れるという懸念もあります。
現状闇金といわれている多くの業者は全くの無登録業者ではなく、そのほと
んどが貸金業者の資格をもちながら不当な金利を請求する業者が多いことか

ら、誰でもが簡単に貸金業者になれるという現状を改善し資本金設定を大幅に
あげ参入条件を厳しくすることなども盛り込まれています。無登録業者
が公告などを出せる環境も狭まれていることから一般人に対してアピール

できる環境は狭くなると思われます。登録業者でありながら違法な
金利を得ていた業者の活動範囲は狭まれ、合法に営業しているが違法
な金利を搾取する業者の存在が問題でした。

今後は存在そのものが違法となり、検挙されるケースも増えると思われ
消費者金融で借りられないものが闇金融に流れる可能性はむしろ減る
のではないかと思われます。

借りられない線を明確にした、そしてその後も借りなければならない状態に
対しどうすればいいのか、消費行動、生活様式の見直し、そして債務整理
などの相談の場をもっと開かれた場を増やすことが望まれます。
スポンサーサイト



レディース・ローンの罠

どうして女性に向けたローンがあるのでしょうか?

女性が多重債務化する一番の理由は買物。それも自分のためと
いうよりも見栄によるところが大きい。

流行のファッション、流行の場所、それらを身にまとい、且つ行かなければ
取り残されてしまう。そんな心理から身の丈合わずの買物をしてしまう。

親元で収入全てを小遣いにできるのであればいいが一人暮らし
であれば、小遣い捻出も難しい。

だから、クレジットカードやローン、そしてキャッシングと借金が増えて
行く。

その後はサラ金、そして待っているのがレディース・ローン
レディース・ローンというお洒落なイメージを作り、女性に借りやすい

名前にはしているが実質は街金と同じ。
公告には高利なんて書いてはいないが店舗に行けばその実態が

わかる。しかし店舗に行って現金を目の前に出されてしまえばもう負け。
断れない、そしてその現金が欲しい。

喉から手が出るほど。高い金利とわかっていても、出資法なんか無視して
いても、欲しいのは目の前の現金。

そうして借りたわずかばかりの現金はみるみる膨れ上がり
もうどうしようもなくなってしまう。

返済ができなければ親元や職場へ行くなどと脅しにも近い言葉で迫られる
最後に選択させるのは、もっと稼げる職場・・・・女性特有の。

そういうコースを既に想定している。どうせ返せなくなる。
返せなくなるのを見越しで最終的にどうするかまで考えている。

女性にターゲットを絞ったやり方である。
だからレディース・ローン

消費者金融までいってしまったらもう、自分では返せないと思うこと。
それ以上借りることは決してしてはなりません。

甘い響きのレディース・ローンその門をくぐるまえに。

ブラックリストでも貸すにはわけがある。

多重債務化しブラックリストにのるとどこもお金を貸してくれません。
そうすると、「ブラックOK」、「ブラックでも融資可能」などの公告に自然と

目がいってしまいます。ブラックリストでも貸してくれるにはわけがあります。
しかし、
普通の金融機関がブラックリストのものに貸すわけがありません。

普通じゃないのです。

何が普通じゃないって、金利が取り立てが。

街金や闇金、システム金融、などあれこれと方法を変えて多重債務者
をターゲットにして絞り取ろうとしています。

担保もなし、信用もないブラックリストの多重債務者が残っているのは
自らの労働力。

最後は自分の判断で労働力を選択させるケースもあるようです。
労働力とは、男性と女性では選択肢が違います。

それを選ばなければならない状況に追い込んでいくのです。
彼らは二重、三重のグループをつくり10万ほどの借金がいつの間にか

ウン百万まで跳ね上がらせる。

それでも今日のお金が欲しいから、高利とわかっていても手を出してしまう。
多重債務者の心理を知り尽くした闇金業者の手口です。

搾るだけ搾り取る、そんなところに手を染める前に増やすよりも減らす。
今日の金がなかったら日雇いのバイトでもしたほうがどれだけ

ましかわかりません。

もし、こういう輩にはまったら弁護士や多重債務者向けの窓口へ是非相談
しましょう。

出資法も無視した彼らは公になることを嫌います。

「もう払えません。」

そういって彼らの事務所に行ってはいけません。
お金の貸し借りは民事ですので警察は否介入ですが、お金の返済を求めて

拘束したり、恐喝めいたことをするのは刑事です。
そんなことを言われたら警察に連絡しましょう。





内緒の借金は多重債務化しやすい

ご主人や奥さんに「内緒」で作った借金。理由は色々あっても内緒で
あるがゆえに借りたことが発覚することを恐れます。

返済の遅延などをおこせば、家に督促の連絡や葉書が来るので
なんとかお金の工面をしようとします。

といっても限られた収入の中からですから結果的に新たに借り入れ
をするということになってしまいます。

それが多重債務化しやすい。家族にばれないために支払いを遅らせ
ることができない。かかってくる電話にビクビクおびえる日々。

どうしてお金を借りたのか?何故だまっていたのか?
内緒の借金は単なる借金ではなく、重くのしかかるものです。

内緒ではなく、話すことができるのか、それが可能であれば負担は
少なくなるものです。

しかし、それができないのであれば債務整理をしましょう。
任意整理・民事再生・特定調停などがありますが、自分に一番

あった方法を弁護士などに相談するのがいいでしょう。
債務整理をしても家族にはわかりません。

債務整理をすると支払い督促などはストップします。
法律的に債務整理開始とともに請求はできなくなるのです。

これ以上債務を増やすことはさらに窮地に追い込まれます。
増やさないで減らす。

返すあてのない借金はやめましょう。

タグ : 内緒 借金

多重債務を助長する日本消費者金融協会

貸金業法が改正され2007年に一部施行されました。多重債務者の増加
をなくすべく、グレーゾーン金利の廃止を含め消費者金融にとって
厳しいものである内容です。


そんな貸金業法改正に対する問題定義を日本消費者金融協会ではビデオ
を通して提言しています。
題して「貸金業法を考える」消費者金融の立場での法改正に対する意見を
様々な視点から識者との意見交換という形や問題定義としてイメージビデオ
を製作しています。

立場が変れば見方も変る、そこでの意見は首を傾げたくなるものもいくつか
あります。

その一つに総量規制と言われる年収の3分の一まで貸付制限をすることに
対する疑問として、総量規制のポイントというビデオの中で二つの例を上げ
ています。

一つはOLである女性が既にローンは年収の年収の3分の一に達していても
実家なので、支払いは問題なく、新たにローンを組もうとしても支払う余裕が
あるのに借りられなくなってしうまうという内容。

家賃・食費・その他・の経費がかからないのですから収入のほとんどを
自分の趣味などに使うことが可能です。そういう人もまとめて収入の
3分の一を貸付制限としていいいのか?という論旨です。

しかし、いくら家計の負担がないからといってローンをさらに組むことはいい
のでしょうか?大体いくらまでならローン可能と考えているのでしょうか?
生活資金が必要ないのだから収入全てローン返済でもOKといっているのと
同じことです。

そのビデオでは教育のためのローンなのに、年収制限でローンが組めず
それがあたかも教育の機会を逸する理由かのようなイメージを出していまし
たが、社会人となり実家に世話になっているのであれば、その分預金などに

廻しすこしでも実家に対する負担を軽減させてあげるという発想もあるはずで
す。支払える余力があればローンを組めるだけ組めという消費者金融の姿勢
が見えます。

さらにもっとひどいのが

金融庁・自己破産者の公示の自粛検討指示

金融庁は官報に多重債務などで自己破産した人の氏名を公告していることに対し、
無認可の「ヤミ金融」が貸付先開拓の情報源にしているとの見方がある。このた め、

金融庁は破産手続きを所管する法務省に情報が悪用される可能性を通知した
そうです。

このことにより、広告制度の変更には課題が多いものも、法務省は対応の是非を検討
する可能性が高いとの見通し。

金融庁は多重債務者や闇金などの連鎖を断ち切るところで努力を続けているのが
伺えます。

闇金などがはびこる背景には自己破産者の公示というのは大きな情報源であること
は疑いようがありません。

なんのための公示なのかもう一度見直してすばやい対応を望みたいものです。
しかし、法務省に注意を促した金融庁の姿勢には拍手を送りたいと思います。

金融庁が夕刊誌に多重債務者へ呼びかけ広告

金融庁は1月10日、多重債務で悩む人々に向けて多重債務の相談制度を広報する目的
で、夕刊紙やスポーツ新聞に、全国の弁護士会や司法書士会などで借金問題の相談に

応じていることを広告掲載する方針を明らかにしたそうです。
官庁が夕刊紙に広告を出すのは極めて異例とのこと。

 消費者金融などから5件以上の借り入れがある多重債務といわれる者は昨年10月末で
138万人を超えました。借金苦による自殺などが社会問題となるなか、金融庁は自治 体や

日本弁護士連合会などと債務者向けの相談の窓口などを整備し、救済に力を注いでいる
相談制度があることは自治体などがホームページなど広報しているが、そのホームページ

を債務者が見ているとは言いがたく周知できていないとの判断からだそうです。
実際に夕刊誌には消費者金融などの広告が多くあるので債務者が目にすることも

多いだろうということです。多重債務者が借りようと思ったところに、それ以上かりずに
相談という広告掲載があれば金融庁の意図はあたると思います。

多重債務者救済に金融庁が力をいれていることが伺えます。
ただし、どれだけの頻度で広告掲載するのかが問題です。たった一回だけでは

周知という意味では難しいでしょう。定期的に掲載する必要があると思います。
また、金融庁の広告が載れば闇金などの広告掲載の阻止に繋がる効果も期待できる

でしょう。

多重債務者を生む懸念・大学提携クレジットカード

大学の名前やマークが入ったクレジットカードの勧誘に大学や同窓会が力を入れている
そうです。この背景には大学側にカード会社から「還付金」が入るようで、学生や卒業生

がカードの入会やそのカードを利用するたびに大学に還付されるという、その収入が奨学金
やれを奨学金や同窓会の運営費などに利用しようという思惑らしいです。

中には一般的には取得の制限があるゴールドカードを持たせる学校もあったり安易な
カード発行に疑問を投げかけているものもいるらしい。カードの利用の教育きちんとしなけ

れば多重債務者の予備軍を養成するようなものであるとの見解です。一般カードと比べて
利用額の制限などは低いようですが、学生時代からクレジットカードを安易に使わせる

温床になる可能性もあるのは事実でしょう。

多重債務者が怖いのは①

多重債務者にとって怖いこととは何でしょうか?

その一つは多重債務に陥っているということが明るみに出ること

明るみというのはばれる、わかる。たとえば家族、恋人
親戚、職場、近隣などにわかってしまうことが怖い。

親などからは叱責を受けたり、恋人からは
飽きられ、そして職場からはマイナスのイメージを受ける

のではないか?だから知られるのが怖い。

どうして多重債務になってしまったのか、ということ
よりも、多重債務であるという事実の方が大きい。

また、多重債務に陥る多くの者が多重債務に陥った理由の
多くは褒められるべきものでないことも根底にあるから

かも知れません。

今までと同じ生活を維持したい、同じイメージを維持したい
だから多重債務であることを隠したい、そういう恐れが新たな借金を呼ぶのです。

その恐れに勝つには、今までの自分に決別するつもりで借金とぶつからなければならないでしょう。

その気持ちがあれば、

世間の評価などどうでもいい。親戚・親・友人・迷惑を掛けたのであれば、これからの自分の生き方を見て欲しい。

そういう気持で過去の借金は清算しましょう。
借金を作った自分は、弱い自分です。

多重債務が明らかになっても頑張れるという気持に
なったときに、多重債務はもう解決したと言えるでしょう。

借金を作ってしまったのは自分です。それは事実です。
そして支払うお金も今あるお金はこれしかありません。

だからそれ以上は返せません。その結果、裁判となっても
、信用を失っても仕方がないじゃないですか。

いいじゃないですかそれで。簡単に言うな!!
そう思うかもしれません。

これからです。あいつは借金を作ったけどその後頑張った
そういわれるように頑張りましょう。

失敗は誰にでもあります。問題はその後どうするかです。

恐れるな人の目を!!多重債務者






タグ : 多重債務者
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix