FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

多重債務者を狙ったおまとめローン詐欺急増

貸金業法改正などにより多重債務者にとってはサラ金などから
融資されにくい環境になったことが原因か、多重債務者を

狙った「おまとめローン」詐欺が今年は5000件にも登り
被害総額は30億以上というから驚きです。

手口は「他からの借り入れができなくても、預かり金を入金すれば信用があるとみなして融資する」などと言い、指定先へ

郵送を促しその後は連絡なし。というもの。
今までと違い、口座へ直接入金させるのではなく、事務代行
業者の元へ郵送させるという手口が増えているそう。

事務代行業者を使うと犯人摘発が難しいされる。

「ニコス信販」「みずほファイナンス」などと実在の金融機関の関連会社のように装うことが多いらしい。

ただでさえお金がない多重債務者からさらにむしりとる
ゴミのような奴らです。

お金を借りるのに、お金を要求するところはおかしい!!
今、必要であるという気持ちは非常にわかりますが、振り込む

お金があるのであれば今一度冷静に考えて欲しいものです。



スポンサーサイト



多重債務防止目的日本貸金業協会設立

12月19日午前、多重債務防止を目的に、消費者金融、信販会社など約4000社で構成される業界団体「日本貸金業協会」の設立されたという。

この「日本貸金業協会」19日から一部施行された貸金業法(旧貸金業規制法)に合わせて発足。消費者金融などの融資や

広告に幅広い自主ルールを導入し、多重債務者の増加を防ぐことが目的とのこと。これまでの業界団体「全国貸金業協会連合会」は18日付で解散になったそう。

「全国貸金業協会連合会」と「日本貸金業協会」の違いが良くわからないが、「日本貸金業協会」の自主ルールは過剰融資の

防止が大きな柱になっている。朝や夜間のテレビCMの時間を制限する。借金返済が長引かないようにするため、毎月一定額

を返済するリボルビング払いの返済期間を、融資額が30万円以下なら原則3年以内、30万円超なら同5年以内と定めた。

貸金業法と「日本貸金業協会」の自主ルールとの違いを
はっきりとさせ、自主ルールなのか法律なのかその違い

が曖昧になりやしないかと懸念する。
多重債務の増加の原因が安易な貸付にあったとすること

から、広告の自粛や貸付の基準を上げ、多重債務を貸付をさせにくくしてなくそうというのが趣旨だろう。

安易な借り入れを助長した金融会社の姿勢をただそう
ということだ。

しかし、多重債務になる原因も様々で、安易な借り入れ
ではなく、病気や転職その他の理由により仕方なく

借り入れせざるを得なかった者たちが、今回の規制で
借りることが困難になり、より高金利のヤミ金に流れる

のではないかという心配はあります。多重債務
化したら、借金を増やしてはいけません。

ブラックにでも載っても結構、債務整理などをして
借金を減らしましょう。




過払い金請求を死んだ父に代わり息子がおこなう

埼玉県の67歳の男性が多重債務の挙句の果てに
病死した。

この男性は仕事の関係からサラ金で金を借り高利により
1300万にも膨れ上がった。

の執拗な取立てにおびえる家族。
2000年に離婚してからは一人で団地住まいとなった。

年金収入の大半はサラ金の返済にと消えた。
食べるものもなく、カップラーメンなどで凌ぎ、風呂も

入れない日々。階段の登り降りにも支障をきたすような生活を
余儀なくされた。そして最後には病死してしまった。

離婚してからは逢うこともままならなかった息子が、父親に
の代わりに過払い金返還請求をサラ金にした。

戻ってきたお金が730万。父の残した借金は計算では7年前には
返済が終了していたことになることがわかった。

それを知った家族の悲しみと憤りは相当なものだろう。
過払い金請求で返還されたお金で父の残した税金や国民保険料の

滞納分を支払いを完済した息子は、これで父の残した債務はすべて
支払い終わった、多重債務の挙句に死んでしまった

父の名誉の回復ができたといっている。

多重債務化し、過払い金請求をしらずに、まともな生活を犠牲にして
金利を支払い続ける。そしてそれを当然のごとく受け取る

サラ金。金融業者は自らグレーゾーン金利といわれる金利を
平気で受け取り続けていることをどう思うのか、そして、行政は

過払い金請求をすれば戻る金利がしなければ戻らないという原状を
どうとらえているのか。

金融業者に対し、取りすぎた金利を自ら返還する義務を負わせるべきだと
思う。

多重債務者の中には過払い金ということさえしらずに、収入の大半を
借金返済に充てている人々が沢山いるはずである。





過払い金請求をしなくてはグレーゾン金利分が戻らないのではなく、
行政は過払い金の返金義務をサラ金にすべきではないのか。

多重債務者への相談週間が開催されます。

多重債務の方へ12月10日から16日まで、全国的に債務整理などの解決法を指南して生活の立て直しを支援する「全国一斉多重債務者相談ウィーク」が開かれるそうです。

貸金業者から5件以上の借り入れがある多重債務者は10月末で139万人いるそうで、全国の450カ所で、弁護士のべ900人や司法書士らが 無料で相談に応じる。政府と日本弁護士連合

会、日本司法書士会連合会の共催らしく無料といことなので一人で悩まずに相談してみましょう。


苦しんでいるのは貴方だけではありません。頑張りましょう。

債務整理をする前に過払い請求

債務返済が一向に進まず、多重債務化してしまったら

債務減額・借金減額の方法には任意整理・特定調停・民事整理・自己破産があるわけですが
任意整理・特定調停・民事整理・自己破産の手段を講じる前に考えたほうがいいのが過払い金請求。任意整理・特定調停・民事整理・自己破産にはそれぞれ、メリット、デメリットがあるので

すが、どれにも共通なデメリットの最たるものはブラックリストに掲載されてしまうということです。過払い金請求は長年に渡り利息制限法に定められた以上の金利を支払いつづけた分を返還してもらうものですが、その超えた金利分は元本の返済に廻すことが可能です。

人によっては今ある元本が完済してしまったり、支払い過ぎで戻ってくるケースもあります。
今まで遅滞なく支払っていたのであれば過払い請求をしてもブラックリストに掲載されることはありません。

あくまで遅滞なく支払っていた場合です。数ヶ月も支払い遅延の挙句に借金減額を考えるのでは遅いのです。この時点でブラックリスト掲載になっているでしょう。
金融業者の中には過払い請求をしただけでブラックリストに掲載する業者もいたり、過払い請

求をさせないようにブラックリスト掲載をちらつかせ、まるで脅しのようなことをする業者もいるらしいです。過払い金の請求は合法であり、そのための請求に対してはブラックリストに
掲載すべきものではないのです。この辺りの対応は金融業者によって違ってくるので、もし掲

載したのであれば名誉毀損で訴えると言ってあげましょう。実際に名誉毀損で数百万の慰謝料を得た方もおります。金融庁では金融会社に対し、ブラックリスト掲載はしないようにと要請を始めたことから、今後は少なくなるかと思われますが、業者にブラックリスト掲載する

なと伝える必要はあるかもしれません。任意整理・特定調停・民事整理・自己破産は借金の減額手段であり、明らかにブラックリストにのります。過払い金請求の場合は契約の見直しではなく、不当な利息の返還の請求です。同じ借金の減額でも、ブラックリストに掲載されるかしな

いかは大きな違いで、まず、任意整理・特定調停・民事整理・自己破産をする前に過払い請求をすることを考えてみることが重要でしょう。それは任意整理・特定調停・民事整理・自己破産を依頼する弁護士・司法書士と相談すると良いでしょう。

過払い請求をすれば多重債務が少しでも楽になる可能性があります。
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix