FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

多重債務・返済督促がきつかったら

多重債務になると、中には返済が滞ってしまうようなこともあるかと

思います。そうすると家に矢のような督促電話、家ばかりではなく

携帯電話や職場にまで・・・。

これがきつい。精神的に。

担当者によっては暴言を吐いたりするものも居たりします。

払わないのは確かに悪い。

契約ですから。払うことが。

しかし、そうなりたくてなってしまったのではありません。

あまりにもひどいペースやひどい言葉で返済を促すような督促

電話ががある場合には・・・・・・
スポンサーサイト



タグ : 返済督促

多重債務の行く末 強盗の巡査長

借金の返済が周らなくなると、あちらこちらから借金をする
ようになります。

それが強盗の巡査長、借金5500万円

家のローンに消費者金融。

あげくの果ては泥棒を捕まえるはずの警察官が強盗に。

アホだね、バカだね、しかし気持ちは多重債務者になってみな

ければ分からない。

強盗でもしてやろうか?

そんなことを頭をよぎってしまうのは事実です。

しかし、強盗は犯罪です・刑法ですが、多重債務と借金は

犯罪ではありません。

多重債務でつかまったり・借金をはらえず刑務所にいれられる

ことはありません。(詐欺は別です)

職場の信用とか、現状の生活の維持。多重債務者はそれを

考えます。この巡査長は多重債務プラス犯罪者です。

犯罪をおかすのは辞めて、多重債務になったら腹をくくりましょう。

カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix