FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

多重債務になる---欲との戦い

返す予定もないのに、目の前のものが欲しくなる。

人間は弱いものです。

借金を重ねる理由にもよりますが

モノが欲しくて借金を重ねる人、ギャンブルに投資する

人。こういう方は弱い人です。

多重債務になる可能性充分。

自分を抑える力、これがないと、借金は決して減りません。

多重債務になることは、そういう心を戒めるきっかけになる

かと思います。

多重債務になったら、「腹をくくる」といのは

自分のおかした甘さ、弱さを認識した上で今後どうしていくのか

、それを考える人のためには道は開けます。










スポンサーサイト



多重債務になる原因

多重債務になってしまう一つの原因として、信用の保持という
ことがあると思います。

ブラックリストなどに載りたくない、面子を保ちたい
などの理由で借金を返すための借金をするようになる。

その時点ですでに多重債務の道に足を踏み入れたことになる
かと思います。

有限な収入に対して、無限な借金を始めるわけですから
返すことがかなうわけがありません。

確かに、知られたくないという気持ちは分かります。

しかし、借金のための借金を始めたことは、知られること
を先延ばしした、だけのことです。






支払いの可能性はあるのか?

私が多重債務になってしまった要因は、独立による

収入ダウンです。

収入がダウンすることは考えることはできましたが

予定はしていません。

そうなる可能性はあったことを考えると「甘さ」が

あったのです。

全てにおいて絶対の可能性を得て物事を行うことはできません

ので、借金をすることが「悪」であるかとは思いません。

しかし、どの時点になったらどういう行動をするのかという

限界地点だけは設けておくべきであると思いました。




タグ : 競売
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix