FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

融資詐欺へ電話でしつこく迫る テレビ番組

不特定多数に融資案内の葉書を送り、貸付する気もないのに、
保証金名目で振込みを促す。

その業者に対しテレビ局の取材班が客を装いしつこく迫る。
その模様の動画です。

多重債務者を食い物にするこういう業者には絶対にひっかからないように
しましょう。


スポンサーサイト



大手消費者金融黒字化

アコム・武富士・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融は今年の決算で
大幅な赤字から黒字転換した模様です。

過払い金返還による原資を引当金として大幅な赤字を計上した前期に比べて
今年は貸付残高が減ったことによる営業収益の減収はしたものの純利益では

黒字転換したということなので、大手の消費者金融においては過払い金返還
に対する不安はないと言えるでしょう。

新規貸付をしていない。過払い金返還請求の原資がない。などの中小の消費者
金融とは体力のある大手との差がはっきりと出ているようです。

消費者金融は体力のある大手しか生き残れなくなる模様です。
多重債務者における一つの解決策である、過払い金請求も大手であれば

返還されることに不安はないようですが、中小では返還原資がなく倒産
ということも考えられるので早期の過払い金返還請求が必要です。


カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix