FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

多重債務でもクレジットカードが持てる・

多重債務者が一番困るのがクレジットカード。 何もクレジットカードで債務を増やしたいというのではなく、 クレジットでなければ決済できないものも多いものです。 ブラックでもクレジットカード

が持てる
! そんなキャッチフレーズでその方法を有料商材として販売 していたり、手続きを有料で代行する者もおりますが、 それらの方法は海外のVISAデビットカードを取得する方法でした。

 海外に銀行口座を作ってそこでVISAデビットカードを作る という方法です。 日本でもできるようになりました!それはスルガVISAデビットカードです。 銀行に残高さえあれば、クレジットカード

と同じように 利用可能です。 ブラックリスト掲載者の私でも作れました。 貴方でもつくれるはずです。
スポンサーサイト



多重債務者救済になるかネットカフェ難民融資

東京都では、インターネットカフェや漫画喫茶等で寝泊りする就労者、いわゆるネット難民に
対し、各相談業務を実施し、地域で安定した生活の促進を図るため、のサポートセンター

全国初の試みとして開設すると発表しました。

サポートセンターでは、厚生労働省等と連携し、就労支援を実施することにより、雇用の安
定を図り、2008年度から2010年までの3カ年を目処として実施するようです。

住居喪失不安定就労者サポートの内容は、その対象者として、住居喪失不安定就労者で、
住居、就労面等での支援を行うことを目的としています。

具体的には、新宿区歌舞伎町、東京都健康プラザ「ハイジア」3階に設置され、住居取得のために、民間賃貸物件の情報提供、賃貸借契約支援、敷金・礼金等の資金貸付などをしてくれる

とのことです。住宅資金で最高40万円、生活資金20万円、無利子、保証人なし、据置期
間6カ月、償還期間最大5カ年と、というかなり良い条件です。

ネットカフェ難民の中には多重債務者も多く含まれていると思います。
サラ金などへの返済により家を失ったようなものはこういう制度があれば

住む場所を確保できるかもしれません。
この制度が利用できるのは東京都に在住の方だけとのことです。


カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix