FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

千葉県市川市生活保護者の多重債務者に自己破産費用支給

千葉県市川市では多重債務者の生活保護受給者が自己破産手続きができる
ようにと、裁判所に払う手数料などを必要経費を支給するという発表

をしました。市という行政単位でこういった施策をするのは
珍しいことです。

 生活保護受給者の多くが多重債務者でもあることから、生活保護費用を
返済に充当したり、年金を担保に新たに借金をしたりと、また借金取立て

を避けるために住民登録ができないなどの理由でまともに就職も
できないケースがあるということから生活保護費を支給しても自立が

できないという悪循環を断ち切るために自己破産をすすめるため
であるという。

持っていた借金を返済ではなく生活自立のために使用されれば
結果的には破産費用の支給以上の効果が得られるとの計算


らしい。
自己破産するにも費用がかかるわけでその費用が用立てできれば
期待できる施策と言えるでしょう。


スポンサーサイト



借りたものは返す・その意識が多重債務を生む

借りたものは返さなければなりません。しかし、その意識があまり強すぎる
とさらに多重債務化を深刻化させてしまいます。

借りたものをさらに借りて返すことが良いことでしょうか?
その場を繕うことはできてもいつかは破綻します。

借金を返せなくなったら、負けを認めさっさと白旗を上げるべきです。
もう返せません、と。

債務をオールリセットしてくれる自己破産には、人生の敗北者というイメージ
があり、そうならないためにさらに借金を重ねてしまう。

武士道とは死ぬこと、散ること、負けを認めない変な美意識が根底
にあるせいでしょうか、負けという烙印を押されることを嫌います。

自己破産は今までの負債を消し新たなスタート地点にたって再復活
するチャンスを与えてくれるすばらしい制度です。

俺は自己破産をした。失敗した。迷惑をかけた。だけどこれからこの教訓
を生かして同じことは繰り返さない。

そういった意識をもって望めば、他人の目なんて関係ありません。
前向きな自己破産をするべきです。





カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix