FC2ブログ
多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

改正貸金業法により専業主婦は夫の年収証明が必要

改正貸金業法が2010年6月より本格的に始動しますが、個人に貸す業者は、融資額が一社で五十万円を
超えるか、他の金融機関からの借り入れ残高を含めた金額が百万円を超える時には、収入証明などで

年収を確認する必要があります。すでに三分の一以上の借り入れがあっても、超過分を一括返済する
必要はないのですが、新たな借り入れはできません。

また、専業主婦(主夫)は配偶者の収入証明、配偶者の同意書などがあれば、夫婦合わせて収入の三
分の一まで借りられます。

夫に内緒で借り入れをしていた場合など、収入証明をもとめられあわてる方が増えているという
ことです。

収入証明が必要な理由を夫に話せば借り入れがばれてしまいます。
どう対処すればいいかという相談が増えているそうです。

隠しとおせるものではありません。
他社や闇金などから融通して返済に廻すという考え方が一番危険です。

傷は浅いうちに対処すべきです。
スポンサーサイト



消費者金融界再編

消費者金融は軒並み収益の低下に苦しんでいる。そうした中で、アイフルが生き残りへ大リストラを発表、大手の再編は必至だとささやかれている。関係者の間からは「大手は3社に集約」との見方も出るほどだ。

消費者金融大手のアイフルが大リストラを発表、2007年1月20日、アイフルが今年9月をめどに現在1903カ所ある有人店舗や無人契約機を1,000店舗体制にするとともに、1900人に及ぶ人員削減を行うなど、大リストラ策を発表した。

463ある有人店舗を100カ店に削減する模様

提供:ライブドアニュース

傍白:上限金利やグレーゾーン金利などの変更による問題など
   借りるほうにも問題はあるが、貸すほうにも問題がある。
   多重債務者にも変化が訪れるでしょうか。
タグ : アイフル
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix