多重債務で悩むのはつらいものです。返済のことが頭にあって離れない。しかし多重債務になってしまったら、なったことを悔やんでもしかたが ありません。ある意味ヒラキなおりが必要です。

今後どうしたら良いのか、絶対に解決の方法はあります。そのためには多重債務についての知識を得なければな りません。知ることによって精神的に随分と楽になるものです。

自己破産・任意整理・個人再生・特定調停・などの債務整理や最近では過払い金の返還をして多重債務を解決した例もあります。多重債務で悩んだら弁護士や行政が無料で相談の窓口を開いています。まず、相談してみましょう。


右の表の例では利息制限法の適正な金利で返済した場合は4年10ヶ月で支払いが終了するのに対し、違法な金利で返済をした場合は9年7ヶ月にも渡って返済し続けなければなりません。また支払う金利の額には驚きます。違法金利では元本以上の金利を支払うことになるのです。

高金利の返済のために、さらに借金を重ねれば見る見る多重債務になるのは当然です。

過払い金の返還をすれば今まで支払った利息で他の借金を清算し多重債務の解決に繋がる可能性があります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改正貸金業法により専業主婦は夫の年収証明が必要

改正貸金業法が2010年6月より本格的に始動しますが、個人に貸す業者は、融資額が一社で五十万円を
超えるか、他の金融機関からの借り入れ残高を含めた金額が百万円を超える時には、収入証明などで

年収を確認する必要があります。すでに三分の一以上の借り入れがあっても、超過分を一括返済する
必要はないのですが、新たな借り入れはできません。

また、専業主婦(主夫)は配偶者の収入証明、配偶者の同意書などがあれば、夫婦合わせて収入の三
分の一まで借りられます。

夫に内緒で借り入れをしていた場合など、収入証明をもとめられあわてる方が増えているという
ことです。

収入証明が必要な理由を夫に話せば借り入れがばれてしまいます。
どう対処すればいいかという相談が増えているそうです。

隠しとおせるものではありません。
他社や闇金などから融通して返済に廻すという考え方が一番危険です。

傷は浅いうちに対処すべきです。
スポンサーサイト

ヤミ金からの借りた金は元本も返済の必要なし

法外というか常識を超えたというか、お金を借りる術そ失った借り手
の弱みに付け込み途方もない利息を取るヤミ金。

返せないことを初めからわかっていて雪だるま式に新たな融資を持ちかけ
気がついたら元本の数十倍に膨れ上がってしまっている。

返せなくなれば、恫喝、脅迫をして精神的に追い込む。

そんなクズのヤミ金に対する裁判の中で、新しい判断として
ヤミ金から借りた金の利息どころか、元本の返済も必要なし、という

判断です。
元本がヤミ金に戻るとまた、違う融資先に向けてその金が

出て行くので、闇金の被害を防ぐためにも出所を根絶しなければならない
というのが弁護団の主張です。

それが認められ、今後ヤミ金は法外な利息で貸し付けた先から裁判
でも起こされた時には損をする、という認識を持たせなければならないという

と思わせなければということです。
多重債務者は通常の金融機関では相手にしてくれないことにより

仕方なくヤミ金などに手をださざるを得ないのですが、待っているのは
さらなる借金と精神的苦痛です。

そうなる前に、行き場のなくなった状況を打開するためにも多重債務者
を救うことに尽力している太陽の会に相談してみましょう。

きっと活路がみいだされるはずです。
カテゴリー
最近の記事
リンク

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。